×ふんわりシュークリーム×

お菓子の定番といえば・・クッキー、バターケーキ・・・

そしてシュークリームでしょうか?

ふんわり焼き上がった時の・・・正確には網に乗せてもしぼまないように作れた時の

喜びと達成感は、お菓子の中でも群を抜いて高いと思います。

レシピはこちらから(*´艸`)

かなり昔にシュークリームを練習中、膨らまなかったシュー生地をラスクなどにして救済していましたが

違うんだよ・・・食べたいのはラスクじゃないんだよ・・・と心の中で呟きました。


シュー生地は加熱しながら生地を作るというのも、お菓子作り初心者だった私にとっては困惑・・・

「え?!湯気出てる生地に卵入れて煮えないの?」とか。笑

ベーグル作る時にケトリングするのも同じくらい困惑したけど・・・・(-_-;)


それでも、完成した時のポッコリフォルムに出会いたくて

とっても練習したシュー生地。

恐らくシュー生地の一番の失敗は膨らまない、もしくは萎むだと思います。

膨らまないのは大抵、卵が少なすぎる=生地が固すぎる

萎むのはオーブンを途中であける・・・要するにシューの中がまだカッラカラになってない蒸気が抜けきってない状態なのに庫内の温度が下がったりすると萎むんだと思います。

何度も作っていて思ったのですが、卵が多すぎる=生地が緩すぎても

規定時間しっかり焼いたのに網に乗せたら萎むことがありました。

これは生地の水分量が多いから、シューの中にまだ水分が残っていて萎んでしまったんだと思います。


言葉でベストな状態を伝えるのってとても難しいですが

一般的には木べらを持ち上げた時に、生地が逆三角形になる状態と言われてます。

シュー生地は思ったよりも滑らかで、そして思ったよりも固いのです。

しっかりした絞り応えのある生地、かつ

滑らかでつややかに丸く絞れる。それがベストな状態です。

そうすると、しっかり冷めてもコロンとぷっくりなシューが出来ます。



以前のレシピだと失敗することもあったので、焼成温度と時間を少し見直しました。

これで前のレシピよりは失敗も少なく作れる方も増えるんじゃないかな?と思ってます(*´・ω・)


今回は自作のカスタードと生クリーム、季節の果物を添えて・・・

カスタードはこちらのレシピです。

やっぱり甘酸っぱい苺が乗っていると・・・2割り増しくらいで美味しい・・・笑

手順は結構、細かくレシピの方に書いたつもりですが

上手に伝わっているか不安です・・・笑

ぶっちゃけ恐らくシュークリームはお菓子の中で一番、失敗の多いスイーツだと思います。

私の場合は、焼き時間というよりは生地の見極めが出来なくて、失敗することが多かったです。

こればっかりは本当に作り込んでベストな状態を覚えるしかないお菓子の一つだと思います。


シュー口金があれば、底の方からクリームを入れて

こんな風にデリシュー二方袋(ティータイム)でおめかしして手土産にも

シュー口金実はまだ一つしか持ってなくて

でも、カスタード入れてから、ホイップに付け替えてって面倒くさいから

いつも2個欲しい、2個欲しいって思うのに

買い物するときはいつも忘れて、相変わらず一つでやってる。笑

まぁ、面倒くささもお菓子作りの醍醐味なのかな?

実は昨日、参観日があったので前日の日中(20日)にブログを書いて

記事を予約投稿にしてあったのですが・・・

夜中に突然の吐き気に襲われ、気持ち悪さでまったく眠れず

朝になっても胸のむかつきが取れず・・・胃腸風邪なのか、ただ単に胃の不調なのか

食当たりなのか・・・まったくもって解らなかったので

とりあえず、参観日は断念・・・最後の参観日だったのになぁ・・・

長女は2年間ご指導いただいた担任の先生が絶対に変わるだろうし

一年生もクラス替えがあるらしいので、担任の先生変わってしまう可能性がありそうなので

ちゃんとご挨拶もしたかったのに・・と肝心な日に体調崩してしまったことを後悔・・・

普段している送り迎えなどを夫に代わって貰ったので迷惑もかけちゃうし

やっぱり母親業、まずは体調管理からですよね・・・。


それでも今日は朝ごはんも少し食べれたし、いつも通り家事もこなせてるので

明日には完全復活かな?

実はここ3~4日胃腸の具合が悪いなぁ~とは思ってたんだよね(;'∀')

なのに特に普段と変わらに生活してたからかなぁ・・・。




では、不調ながらも穏やかに過ごせた昨日に感謝して。

今日も一日が健やかでありますように。

~myumaco's kicthen~

おうちで小さなお菓子屋さん 何気ない日々を添えて

0コメント

  • 1000 / 1000